サービス付き高齢者向け住宅の補助金をもらう為の条件2つ

1

みなさんこんにちは、リフォーム補助金で顧客ゲット!の小林です。

以前補助金の募集期間が延びていることを紹介しましたが、サービス付き高齢者向け住宅への補助金も、平成28年3月25日まで、と期間が延長されています。

なんと延長だけでなく、補助金限度額UP + 手続きも少し楽になっています!この補助金を利用したい方、今が狙い目ですよ!

続きを読む

すまい給付金|中古住宅購入でも最大50万円もらえる3つの手順

にやり

みなさんお久しぶりです。リフォーム補助金で顧客ゲットォオ!!!の小林です。

住宅を購入するにあたって、楽に受けられる補助金はないかな〜とお探しではありませんか?来年4月には消費税が10%に上がりますし、少しでも家計の負担は減らしたいですよね。

そんな人の為に、「すまい給付金」という補助制度があります。申請すればなんと、新築・中古住宅問わず最大50万円の給付金がもらえるんです!期限は平成31年6月までなので、まだまだ利用可能です。いざ申請するぞ!となったとき方法が分からないなんてことのないように、しっかり手順をおさえておきましょう。

続きを読む

【復習】ZEH(ゼロエネルギーハウス)補助金の申請方法まとめ

aikyatti

工務店にとって、これからZEHの知識は必要不可欠です。

決して大げさではなく、「2030年の新築住宅での標準化」に向けて国も力を入れており、当初予算案でもZEH事業は増額されています。

当然、一般消費者の中でもZEHの認知度があがっており、「ZEHにすれば、補助金もらえるんですよね?」といったお問い合わせが増えることが予想されます。

その時、補助金申請のサポートができるかどうかが、受注のターニングポイントになってくるのではないでしょうか。

そこで、本日は、ZEH補助金に申請する方法(2015年度ベース)を一般社団法人環境共創イニシアチブのホームページを元に詳しくご紹介します。

この通りに試して頂ければ、ZEH補助金にスムーズに申請できるようになります。

ぜひ、じっくりご覧いただいて、実践してみてください。

続きを読む

エネファーム補助金の申請方法まとめ!【平成28年2月17日(水)17時締切】

エネファーム補助金申請方法まとめ

こんにちは!
リフォーム補助金で顧客ゲット、武澤です。

「えっ!その補助金、募集期間がのびてたの!?」

こんなふうに、いつのまにか補助金の募集期間が延期されていて、応募を逃した経験ありませんか?
それは、国が予算を調整するのが年度変わりのこの2月、3月だからです。

ですので、この12~3月のこの時期は、補助金運営団体のホームページ(一般社団法人など)を、逐一確認することをおすすめします。

今回ご紹介する「エネファーム(民生用燃料電池)導入支援補助金」も、応募〆切が約一週間後の2月17日(水)までと延期しています。

この記事では、申請方法・ポイントについて、運営元の「一般社団法人 燃料電池普及促進協会」のホームページに基づき解説します。

それではまいりましょう!

続きを読む

住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業の申請方法|最大100万円

2016-02-04_07-50-42

いつも何だか難しくて、使える補助金があるけどスルーすることってありませんか?

今日紹介する補助金を使うと、空き家をリフォームして賃貸住宅にする場合に最大50万円もらえます。

というわけで、今日は最大50万円もらえる「住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業」について解説します。

実際に、その事業のホームページ(住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業はこちら)の内容をみてみると、詳しい申請方法や応募しめきりも2016年3月25日まで延期されているなど、いまだに旬の補助金です。

それでは早速みていきましょう!

続きを読む

運営会社リフォームバンクのロゴが出来上がりました!

リフォームバンクロゴ

 

リフォームの補助金術を運営している、リフォームバンクの会社ロゴが決まりました!応募があった355件の中からみごと選ばれたのはこのロゴ!!!シンプルでわかりやすく、赤のアクセントが効いています。

応募くださったデザイナーのみなさま、ありがとうございました。会社の顔として、大切に使っていきます。

どうぞこれからもリフォームバンクをよろしくお願いします!小林でした^^

【経済産業省】断熱改修の補助事業、27億円増の総額100億で継続

2016-02-02_11-36-04

みなさん、こんばんは武澤です。

年度変わりのこの時期、今年の補助事業が来年も継続されるか気になるところ。

そんな中、経済産業省は従来の「高性能建材導入促進事業」について、平成28年度4月から予算規模を本年度の73億円から100億円に増額し、「住宅省エネリノベーション促進事業」としての継続実施を1月25日に発表しました。

続きを読む

長期優良住宅に認定される方法|認定条件と優遇メリット3つ

長期優良住宅の例

こんばんは、武澤です。

長期優良住宅は2016年度当初予算で110億円と注目されており、認定されると補助金や減税の優遇措置が受けられます。

新築戸建て住宅の約2割がこの長期優良住宅の認定を受けるなど、工務店に加えわたしたち消費者にとっても身近な存在になってきています。

この記事では、その認定条件と優遇メリットについて解説していきます。

ぜひ、長期優良住宅に申請し、お得な補助金(最大200万円)と減税を勝ち取りましょう。

続きを読む